メンタルケアは精神科

メンタルケアは精神科へ相談

メンタル不調時の精神科の選び方

過剰な競争・労働を強いられることが多い日本では、メンタルの不調を経験する人が年々増加しています。心に少しでも違和感を感じたら、症状がひどくなる前に精神科を受診して状態を安定させましょう。国内には数え切れないほどの精神科・心療内科が存在しています。選び方を間違えるとメンタルがさらに不安定になって、症状が悪化することがあるので気を付けましょう。即座に病名を下したり、大量の薬を投与する医師は避けるべきです。心の病は目に見えない病気なので、病名の判断は身体の病気以上に慎重に行うべきです。名医が病名を即座に下して薬を処方するケースは稀で、大抵は診察にじっくり時間をかけてから判断します。

不眠症は精神科へ相談

最近、ストレスなどの悩みを抱えて夜によく眠れないといったときには、自分の健康状態について考えてみることをします。一時的な不眠なら問題はないですが2週間以上続くときは、思わぬ心の病気におかされている場合もあります。不眠と併発して、うつ病を患っているようなときは対応が急がれます。不眠症といったメンタル系の病気は、精神科を受診するのが一番ふさわしいわけですが病院へ行くのに抵抗を感じる人がいます。精神科は心の専門医というだけでメンタル系の病院へ行くことについて、違和感を覚える必要はなく他の病院と何ら変わりはありません。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; メンタルの問題と不眠 All rights reserved