はやめにメンタルケア

早めにメンタルクリニックへ

メンタルにダメージを受けたら

ストレス社会といわれる現代において、学校や家庭、仕事などを通してメンタルに大きなダメージを受けて立ち直れなくなってしまうことも少なくありません。そんな中で、うつになってしまう人は大人だけでなく、子どもにおいても年々増加傾向にあります。ですが、一度うつになってしまったら回復するまでかなりの時間とお金を費やすことになってしまいます。それを回避するためにも、メンタルが弱ってきたなと思ったら出来るだけ早い段階で精神科などに相談することが望ましいです。手遅れになる前に、気負わず相談だけでもいいのでゆったりと話を聞いてもらいましょう。

精神の病気は特異な事ではない

ストレスの多い現代では不眠や気分が沈むなどの抑うつ症状に悩む人は増加しています。しかし、精神科には行きにくいイメージがあり症状があってもがまんしているも少なくないのではないでしょうか。精神科の病気というと特別なもの、あるいは意思が弱い、精神的に弱いから病気になるなどと思われているかもしれませんが、それは誤解です。睡眠も気分や感情なども全て体の動き、内臓の働きなどと同じように脳や自律神経という神経が関係しています。お薬で脳や神経の働きを調節したり、最近ではメンタルケアやメンタルトレーニングということばも使われますが、物事を一方向からだけでなく多方面からみたり考えたりしてみるようにする、自分自身のことを客観的にみてみるなどのことでも気分が落ち着いたり症状が改善する手立てとなります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; メンタルの問題と不眠 All rights reserved